免疫力を高めるには腸

暑くなってきましたね〜〜
暑いだけで交感神経優位になりますが
寝る前には
湯船に浸かったり、前屈などして
副交感神経を高めてから
眠ると
バランス取りやすくなりますよ



さてさて
免疫力のお話になぜなったか?

グルテンフリーは腸をキレイにすることができる=免疫力を高められる

からです

ヴィーガンの6年間、
ヨガをしながら
スムージー25日間や
ファスティングもしましたが

すっかり体質改善されて
便秘症もなくなり
肌も真っ白になりました!


それはつまり、腸の掃除がされたこと
運動によって自己免疫力が上がったこと

と思っています
(ヨガは自己治癒力を高めて自律神経を整えます)


免疫力の鍵は腸が握っているわけですが
マッサージで外から刺激を加えようとすると
返って
自己免疫力が下がると言われます

なにごとも適度に♪ですね






腸の蠕動運動を高めれば
宿便排出、便秘解消→自律神経がしっかり機能する
ということですよ






腸の仕組みについてもう少し詳しく調べてみます
 
蠕動運動というのは主に

自分の意志では動かせない自律神経
腸内で生み出される短鎖脂肪酸

の2つによって支配されている

 
自律神経については
ストレスとも関係しておりかなり複雑ですが、短鎖脂肪酸はもっと単純です。
 

短鎖脂肪酸は、
ビフィズス菌などの善玉菌がオリゴ糖や食物繊維などの糖質を代謝することで生み出される有機酸の総称
主に酪酸、プロピオン酸、酢酸のことを指します。
(そんなヨーグルトがあったような…)

 
短鎖脂肪酸は大腸が動くエネルギー源となる物質で
・蠕動運動を活発にする
・粘液の分泌を促進して便の滑りを良くする
という効果をもたらしてくれます。
 

なにしろ短鎖脂肪酸は
大腸のエネルギー源としては血液からの栄養よりも比率が大きいほどだとか!


三つの短鎖脂肪酸の中でも「酪酸」が最もその寄与度が大きいことから、
酪酸は最重要な短鎖脂肪酸とされています。
 
 

短鎖脂肪酸は
大腸のエネルギー源になる物質というだけではありません。
 

・腸内を酸性に保って悪玉菌の繁殖を防ぐ
・病原菌などの有害物質から守るバリア機能の強化
・余計な脂肪の分解
・糖尿病の予防
・免疫機能の調節によるアレルギー抑制
・大腸がんの予防
・カルシウム吸収を促して骨の強化
・妊娠しやすい体づくり
・美肌
 

なんですって!
すごいですね

 
腸は「第二の脳」とも言われるほど重要な器官ということはもう
皆様ご存知と思います

野菜の多めなスムージーや
スロージュース
生の野菜を少しずつ
小麦は控えめに
乳酸菌を摂る
運動する

で、夏を乗り切りましょう!

 

夏はお野菜もたくさん出てきてるので
継続的に食べ
そして水分を摂って
体の風通しを良くしましょうね


なぜ私がヨガもすすめるのか
それは
自分の体の自己免疫力と自然治癒力を
アップさせるためです

食べるだけ、マッサージ受けるだけ
では
いっとき満足できるけど
一時的なものです


長い目で自分を整えたい時は
脳にある松果体に働きかけられるヨガがベストだと思っています



6/15に矢巾kurumi apartmentの裏側に
kurumiスタジオがOPENします

その6/15〜16は
スタジオ利用のkurumi yogaのオープニングクラスがありますが

6/16のランチタイムに
ベジ弁当を販売します

入り口で販売しますので、
ヨガしなくても購入可能ですよ(о´∀`о)

ベジタコライス
soyベジバーグ
いなきびガーリック
食べるドレッシング&季節野菜サラダ🥦
米粉パンとスープが付いて¥1000
なしで¥800です!

こちらはご予約していただけると16時までに受け取り可能
そうでなければ12〜14時に受け取りです

予約
atelierblanche.iwate@gmail.com







Atelier Blanche KITCHEN 岩手

こころとからだに優しいお菓子生活 米粉グルテンフリー&ベジスィーツ教室とお菓子の販売。 それぞれの素材の良さと個性 アレルギーでも美味しいスィーツの幸せを伝えたい。 卵乳小麦不使用を選んで食べられますよう ベジスィーツ教室 グルテンフリー米粉スィーツ&パン教室開催 yoga教室@岩手盛岡紫波

0コメント

  • 1000 / 1000