育児の合間に

ナチュラルスィーツを作り始めたのは
体のことを知るようになってからです

砂糖を使わないお菓子があると知ったのは
東京で過食症になった時でした

当時イタリアンでワインの勉強をしていたので、大好きなワインを飲みたいし
食べるためには
体をきちんと整えなければいけないのだ、と

23歳の私が
ようやく社会人になれたような。
そんな年でした



玄米食を勉強せずに続けて
なぜか食べ苦しくてやめてから4年後に
ヨガインストラクターの資格を取り
アーユルヴェーダを知り
食と体に興味を持ち、
食と生活を整えるためのヨガスタジオ&ベジカフェを作ったのでした



その最中に妊娠して
結果的に今の長男3歳は
ヴィーガンで産みました

でも、
離乳食は決して変わったことはしない
と決めて、当たり前のことをしました

なぜなら
食べられるから。

アレルギーでもなく制限もなく産まれたのなら
親のエゴで制限する理由はない


ベジカフェに
アレルギーの子さんを持ったお母さんが来てくれていました

みんなとケーキが食べられなくてかわいそうで、と
ケーキを買っていってくれたことがありました


そんな方を見ているから
決して
その方のお気持ちもお子ちゃんの気持ちも
たとえこちらが制限しても
食べられる限り分かるはずがないのです

ただただ
力になりたい

その気持ちだけで今の今も
ベジスィーツを作り続けています




育児は本当に大変。
もちろん楽だって方もいますよ!
でも
やっぱり自分の時間が
欲しい時に欲しい分だけあるはずがなく
自分のために使っていたお金の大半は
子供のために使われていくし

お風呂上がりマッサージしてたことも
アロマの香りに包まれてゆーっくり眠ることも
思い出せなくなる



お母さんたちは大変
いくらママ友とシェアしていても
家で子供を叱りつけて
自己嫌悪に苛まれてる時はたった一人戦っている


そんなママたちのために
そのママと笑いあえる幸せなお子ちゃんの為に

アレルギー対応スィーツ教室開始は
カウントダウン♪

atelier Blanche KITCHEN 岩手

こころとからだに優しい米粉グルテンフリー&ベジタリアンスィーツ教室とスィーツ販売。 それぞれの素材の良さと個性を伝えたい 卵乳小麦不使用を選んで食べられますよう。 アレルギーでもふわふわスィーツの幸せを伝えたい。 ベジスィーツ教室 グルテンフリー米粉スィーツ&パン教室開催 ヨガ教室@岩手盛岡紫波久慈

0コメント

  • 1000 / 1000